やすらぎ法話会

お寺・仏教という言葉を聞くと、おおよそ人は今の私には必要のないものだ。また、お葬儀や法事などは亡くなられた方を供養する行為とお思いの方が多いかもしれません。しかし、それらは本来的な意味とは離れたところにございます。宗教の「宗」という字には中心という意味がありますが、では何の中心かと言うと、それは私の生活の中心です。

洗面器に水かお湯が注がれている。遠く離れたことろから水かお湯かを議論しても解決いたしません。しかし、その洗面器に手を入れて触れてみた時に熱ければお湯。冷たければ水とわかるでしょう。同じように、仏教はお葬儀の時に、お寺は法事の時に…。と眺めていては何も知りえません。葬儀や法事、お寺で開かれている法座等様々な縁を通し仏法を聞き、自身の心で触れてみた時に、私の生活にとって大切なものであったとうなずかされるのです。そしてそこに「宗」という言葉の意味合いがあるのではないでしょうか。

どうか、ご一緒に仏法聴聞させていただきましょう。お寺は祈願やまじないをする場所ではございません。生きた私に語りかける。ぬくもりいっぱいの教えを聞かせていただく場所です。

西敬寺では毎月12日にどなたでもご自由に参加できる「やすらぎ法話会」を開催しております。午後1時30分よりお経(正信偈)をお勤めした後に、ご法話をご一緒にお聞かせ頂きます。

法話会終了後には、皆さまでご一緒にお茶をいただきながら気軽にお話をしたり、忙しい日常を忘れホッとすることの出来る時間を過ごさせて頂いております。

勿論、お茶だけのご参加や、法話会のみのご参加でも構いません。それぞれ皆さまのペースでお時間あるときにご一緒してください。

   日時 :毎月12日 午後1時30分よりお勤め

   場所 :西敬寺

   

        どうぞお気軽にご参加ください。

​法話会日程

1月12日  月々のご法座

2月12日  月々のご法座

3月12日  春季彼岸会

4月12日  月々のご法座

5月12日  永代経法要

6月12日  月々のご法座

7月12日  盂蘭盆会

8月12日  月々のご法座

9月12日  秋季彼岸会

10月12日  月々のご法座

11月12日  月々のご法座

12月12日  報恩講法要

12月31日  除夜会