お寺の掲示板大賞2020

最終更新: 1月7日

皆さんは「輝け!お寺の掲示板大賞」をご存じでしょうか。


お寺の門前などに掲示されている、ありがたーい言葉を撮影しTwitterやInstagramに投稿。

その中から受賞作品を決定するという2018年より行われている企画です。


お寺の掲示板というとお釈迦様のお言葉や、そのお寺の住職のオリジナルの言葉が掲示されているイメージですが、投稿されている作品を見ると、芸能人や映画俳優の言葉からダジャレまで。時にはどう解釈しても意味不明(ごめんなさい・笑)のものもあり、実に多種多様です。


お寺の掲示板だからといって仏教語にこだわることはなく、道行く人が思わず足を止めてハッとさせられることが大事なんだなぁと、あらためて気づかされました。


私は、たまたま見ていたテレビ番組でこの企画を知ったのですが、以降「第一生命生命・サラリーマン川柳」と共に、この「お寺の掲示板大賞」の発表をいつも楽しみにしています。


さて、その「お寺の掲示板大賞」ですが、先日2020年の大賞作品が発表されました。

大賞は熊本県の明導寺さんに掲示されていた



コロナよりも

怖いのは

人間だった

(神奈川県・ドラッグストアの店員さんの言葉)



という作品でした。


実はこの言葉、私もインターネットのニュースで見て注目していて、お寺のお便りにも取り上げておりました。(いや、大賞だからって言ってるわけではないですよ!)


同じ言葉にハッとさせられていたお坊さんがいらっしゃったことに嬉しい気持ちになった反面、なるほど、せっかく注目していたんだからこれを掲示していれば大賞をいただけたのか、、、という煩悩まみれの考えが、、、


だけどうちには掲示板がない、、、


ということで思い切って購入してみました。

早速掲示をと思ったのですが、なかなか思い浮かばないものです。まずは親鸞聖人のお言葉を書いて掲示させていただきました。


2021年は、道行く人が思わず足を止めてしまうような伝道掲示ができるよう、努力していきたいと思います。


また、寺報のバックナンバー(西敬寺たより・2020,3月号)の「コロナよりも怖いのは人間だった」を添付致しますので、ご興味のある方はご笑覧いただければ幸いです。

(2020年3月当時の寺報であり、現在とは世の中の状況や考え方が異なる場合が御座いますので、ご留意ください)



寺報 11号
.pdf
PDF • 259KB